不調は若年性更年期?20代〜30代でも要チェック!原因や症状まとめ

女性の更年期といえば、閉経前後の10年間、平均すると45~55歳ごろというのが一般的です。

しかし、最近は、更年期の時期にはまだ早い、20~30代の女性の間で、更年期障害と同じような症状が現れる「若年性更年期障害」が増えています。

顔のほてりや、大量の発汗、イライラ、生理不順などの症状は、ひょっとすると若年性更年期かもしれません。

ここでは、若年性更年期の原因や症状、対処法をまとめてみましたので、気になる方は、チェックしてみてください。

若い女性に増えている若年性更年期障害とは?


閉経前後、加齢と共に卵巣の機能が低下し、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少することでおこる、さまざな心身の不調のことを更年期障害と呼びます。

「そんな症状は、40〜50代の更年期の女性特有のもの、自分には関係ない」と思っている若い女性も多いかもしれません。

しかし最近では、20代や30代の女性でも、めまいや、ホットフラッシュ、イライラ、発汗、生理不順など、更年期特有の症状に悩まされる人が増えています。

更年期には早すぎる20〜30代であるにも関わらず、更年期と同じような症状が現れる場合は、若年性更年期かもしれません。

とくに病気という訳でもないのに、なんとなく体調不良という方は、要注意!

以下に、若年性更年期の症状のチェックリストをご用意しましたので、ご自身に当てはまる症状をチェックしてみてください。

若年性更年期症状チェックリスト

  • 月経周期が乱れている
  • 月経が数か月来ていない
  • 少し歩いただけで息がきれる
  • 急に、動悸が激しくなることがある
  • めまいや耳鳴りがする
  • 頭痛がひどい
  • 急に顔がほてる
  • 運動してないのに、大量の汗がでる
  • 抜け毛、白髪が急に増えた
  • なかなか寝付けない
  • 夜中によく目がさめる
  • 疲れが取れない
  • 精神が不安定でふさぎこむことが増えた
  • 少しのことでイライラする
  • 集中力が低下した
  • 体重の増減が激しい

いかがでしたか?
もし、上記のリストで「月経が数か月来ていない」にチェックした方や、3つ以上チェックがある方は、若年性更年期の可能性が高いといえます。

*チェックリストの結果はあくまでも目安で、素人判断はせずに、疑わしい症状がある場合は、婦人科の検診を受けてください。

若年性更年期の原因は?


本来、更年期障害は、加齢により卵巣の機能が低下することで女性ホルモンのバランスが乱れることからおこるもの。

しかし、女性の体は非常に敏感で、加齢以外の原因でも、ホルモンのバランスが乱れたり、卵巣の機能が低下することがあるのです。

では、通常であれば、卵巣の機能が活発なはずの20〜30代において卵巣の機能低下がおこるのはどうしてなのでしょうか?

若年性更年期の原因を、詳しくみてみましょう。

過度のストレス

20〜30代の女性の周りには、ストレスだらけといっても過言ではありません。

仕事のストレス、会社での人間関係のストレス、結婚や出産による環境の変化からくるストレス、育児ストレスなど、あげればきりがないほどです。

このようなストレスが過度にたまると、自律神経のバランスが崩れ、ホルモンのバランスが乱れたり、卵巣の機能低下を引きおこしたりします。

無理なダイエット

20〜30代の女性であれば、体型が気になるのは仕方ないことかも知れません。

しかし、無理なダイエット、過激なダイエットは、体のバランスやサイクルを乱します。

ひどい人になると、ダイエットによって、月経が来なくなるなどの影響がでることも。
また、アスリートによくみられる無月経も厳しい食事制限や、激しいトレーニングが原因であることがよくあります。

喫煙

最近では、喫煙する女性も増えてきました。

しかし、タバコは、エストロゲンの分解を早めるということを知っていましたか?

喫煙は、エストロゲンの分解を早めることで、卵巣の機能を低下させます。

他人のタバコの煙でも同様の影響がありますので、ご自身が喫煙者でなくても、周りに喫煙者がいる人は注意が必要です。

生活習慣の乱れ

20〜30代の女性の毎日は忙しく、寝不足になること、食事が不規則になることもあることでしょう。

しかし、不規則な毎日が続くと、体はじょじょにバランスを失っていくことになります。

女性の体は、一定のサイクルで変化していくものですが、その基盤となる生活習慣が乱れると、体が正常に周期を把握できなくなってしまいます。

若年性更年期の症状

若年性更年期障害の症状は、生殖器に関するもの、それ以外の身体に現れるもの、精神的なものの大きく3つに分けられます。

生殖器に関する症状

  • 生理の周期が不安定
  • 生理が2〜3か月に1回程度しかこない
  • 生理の量が極端に少ない
  • 不正出血がある
  • 生理痛がひどい
  • 3か月以上生理がきていない
  • 性交痛がある

若年性更年期障害の症状で、特徴的なものは、生殖器に関する不調です。

生理の周期が安定しているはずの年齢にも関わらず、生理不順に悩まされたり、生理がなかなか来なかったり、生理の量が極端に減ったりします。

ひどい場合は、無月経になる人もいるのです。

身体的症状

  • 動悸、息切れ
  • 顔のほてり、のぼせ
  • 大量の汗が出る
  • 手足の冷え
  • 肌荒れ、吹き出物
  • 頭痛
  • めまいや耳鳴り
  • 肩こり、腰痛
  • 胃痛
  • 抜け毛がひどい
  • 下痢、便秘、あるいはその両方を繰り返す
  • 手足の痺れ
  • ムカムカ、吐き気
  • 立ちくらみ
  • 口が乾く
  • 胃痛
  • 頻尿
  • 食欲減退

身体的には、原因や体質によって、さまざまな症状が現れます。

とくに突然の動悸や顔のほてり、大量の発汗は、多くの人によくみられる症状のようです。

精神的症状

  • 倦怠感
  • 怒りっぽくなった
  • 少しのことでイライラする
  • 集中力の低下
  • 物忘れがひどくなった
  • やる気がおきない
  • なかなか寝付けない
  • 朝、起きれない
  • 夜中になんども目がさめる
  • 急に不安に襲われる
  • 人に会うのが怖い
  • 慢性的に疲れを感じている
  • 落ち込みからなかなか抜け出せない
  • 最近、笑ってない

ホルモンバランスの乱れは、精神にも大きな影響を及ぼします。

とくに、イライラや、気分の落ち込みはよくみられる症状です。

放置しておくと、症状が悪化し、出勤できない、外出できないなど、うつの症状が出てきます。

若年性更年期と症状が似ている疾患

20〜30代の女性に、更年期障害と同様の症状が見られた場合、若年性更年期である可能性が高いのですが、じつは更年期症状以外にも似たような症状が現れる病気があります。

また、症状は似ていても、治療方法は異なる場合もあり、素人判断は危険です。

はっきりとした診断結果を得るには、婦人科で検査を受けるのが確実でしょう。

PMS(月経前症候群)

PMSとは、生理前の高温期(黄体期)に女性ホルモンのプロゲステロンが減少することでおこる心身のさまざまな不調のこと。

その症状は、頭痛、吐き気、ほてり、のぼせ、大量の汗、不眠、眠気、肌荒れ、むくみなど、若年性更年期と同じような症状が現れます。

しかし、PMSと若年性更年期が大きく違う点は、PMSは、月経前の高温期(生理の10日〜3日前あたり)に限定して症状が出る点です。

早期閉経(早発閉経)

普通、日本人女性の閉経は50歳前後といわれます。

しかしなかには、20〜30代で閉経する女性もいるのです。
このような40歳未満の閉経を、早期閉経あるいは、早発閉経といいます。

閉経の場合は、卵巣の機能が完全に停止することを意味しますので、卵巣の機能低下である若年性更年期とは、その点が違っています。

早期閉経がおこる原因としては、婦人科系の手術(子宮や卵巣の摘出手術など)によるものや、遺伝性のもの、免疫異常などなどが考えられます。

ただ、原因が特定できないケースの方が多いのが現状です。

早期閉経してしまうと、女性ホルモンのバランスは当然崩れるために、更年期と同様の症状に悩まされるようになります。

若年性更年期なのか、早期閉経なのかについては、病院で血液検査をすることを診断できます。
血液検査で、エストロゲンの値が低く、FSH(ゴナドトロピン)の値が高い場合は、早期閉経が疑われます。

また、若年性更年期を放置することで早期閉経を招くこともあります。

自律神経失調症

生活習慣の乱れや強いストレスにより、体のさまざまな器官の働きをコントロールする自律神経がバランスを崩すことで、心身にさまざまな不調が見られるのが、自律神経失調症です。

自律神経はホルモンの分泌にも大きく関わっており、自律神経が乱れることで、ホルモンぶのバランスが崩れることはよくあります。

そういう意味では、自律神経失調症の女性は、若年性更年期の症状が出てもおかしくありません。

ただし自律神経失調症は、20〜30代の女性に限定される病気ではなく、男性やティーンエイジャー、老年期の方にもおこり得ます。

自律神経失調症と若年性更年期障害の線引きは、医療機関においても判断がむずかしく、医師によって診断が異なることもよくあるようです。

若年性更年期の治療方法は?

婦人科で、若年性更年期と診断された場合、どのような治療方法が取られるのでしょうか?

加齢による更年期障害と違い、若年性更年期の場合は、原因によっては、その原因を取り除くことで、卵巣の機能を正常に戻すことが可能です。

ただ、治療によっては、副作用が出ることもあり、どのような治療が適しているかは、やはり婦人科の医師と十分に相談して決める必要があります。

ホルモン補充療法(HRT)

エストロゲンの大きな減少が見られる場合には、女性ホルモンを補充することで症状を緩和するホルモン補充療法が取られることもあります。

エストロゲンだけを補充すると、副作用が出やすくなるため、プロゲステロン(黄体ホルモン)も同時に補充するのが一般的です。

なお、ホルモンの補充方法としては、飲み薬、塗り薬、貼り薬の3種類の方法があります。

ホルモン補充治療の副作用

ホルモンを補充することで、若年性更年期のさまざまな症状を軽減できます。
ただし、以下のような副作用があることも知られています。

  • 不正出血
  • 下腹部の痛み
  • 乳房がはって痛む
  • 子宮ガンリスクの増加
  • 胃がムカつく
  • むくみ

とくに治療を始めて1~2か月は、上記のような副作用が出やすくなっています。
副作用が出たら、すぐに担当医に相談しましょう。

低用量ピル

更年期障害の治療として、低用量ピルを使用するケースもあります。

ピルとは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが入った錠剤で、避妊薬のイメージが強いのではないでしょうか。
もちろん避妊薬であるのですが、生理痛や、生理不順にも効果があります。

婦人科では、更年期に低用量ピルを処方し、ホルモンの量を安定させるケースがあるのです。
ただし若年性更年期の場合で、妊娠を希望する場合には、使用されません。

また、体質によって副作用が現れる場合もあるので、服用は医師と十分に相談し、経過をみながらということになります。

プラセンタ療法

プラセンタとは、人の胎盤から抽出される成分で、細胞の新陳代謝を促す働きがあります。
細胞の再生を促進するため、しみ、しわ、たるみの解消などの美容効果が注目されていますが、それ以外にもさまざまな治療に使用されています。

肝疾患、更年期障害、生理不順、腰痛、肩こり、自律神経失調症、不眠症、うつ病などです。
若年性更年期の場合は、プラセンタを注射することで体内に取り入れます。

重篤な副作用はほとんどありませんが、まれに、アレルギー反応を起こし、悪寒、発熱、発疹などが出る場合もありますので、使用には、専門医と十分な相談が必要です。

また、血液製剤のため、輸血などで血液の提供は行えなくなります。

漢方療法

若年性更年期の治療には、漢方療法が用いられることもあります。
ホルモン補充治療や低用量ピルは、不足する女性ホルモンを人工的に補うという治療方法ですが、漢方は、崩れた体のバランスを整えることで、不快症状を緩和しようというもの。

効果が現れるには、ある程度継続して服用する必要がありますが、根本的に体のバランスを整えるという点では、大きな効果を発揮するようです。

漢方では、本人の体質と、体に現れている症状をみて、その方に合った薬がオーダーメイドのように処方されます。
根本的な体質改善を望む方、人工的にホルモンを補充することに不安を感じてる方、ほかに疾患があってホルモン補充治療ができない方などにおすすめできます。

生活の改善

月経があり、日常生活に支障がない程度の症状の場合は、わざわざ病院に行くのもどうかと思われる人もいることでしょう。
そういう方は、まずは、自身の生活を見直すことからはじめてください。

それでも症状が改善しない、あるいは悪化するようであれば、婦人科の診察を受けた方がいいかもしれません。

食生活の見直し

ビタミン、ミネラル、カルシウム、亜鉛などを含んだバランスの取れた食事を心がけることは、何よりも大切なことといえます。

ダイエットのために、無理な絶食や、極端な少食はNGです。

また、とくに大豆イソフラボンは、若年性更年期障害の症状の緩和をサポートするといわれているので、これらを積極的に摂取するようにしましょう。

    【大豆イソフラボンを含む食品】

  • 豆腐
  • 納豆
  • 油揚げ
  • 豆乳
  • きな粉

適度な運動を

運動不足も、激しすぎるトレーニング、どちらも体によくない影響を与えます。
運動も適度に行うことが大切です。

日頃から運動する習慣がない人も、この機会に生活のなかに適度な運動を取り入れてみましょう。

体を動かすことで、気持ちをリフレッシュする効果も期待できます。
20〜30代女性であれば、ウォーキングや、ストレッチ、ヨガなどがおすすめです。

自分なりのストレス解消法

強いストレスは、ホルモンのバランスを乱す大きな原因です。

20〜30代の女性は、会社では仕事のプレッシャーに悩み、家庭では家事や育児で忙しい時期です。

そんななかでも、上手にストレスを解消できることが、健康を維持するためには重要です。

軽い運動をする、趣味に没頭する時間をもつ、読書や音楽鑑賞の時間をとる、カラオケ、ダンスなど、なんでもいいので、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

十分な睡眠時間

質のよい睡眠は、ホルモンのバランスを整えるためには欠かせないものです。

できれば、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるようにすれば、さらに、効果が期待できます。

基礎体温計のすすめ


若年性更年期とは、20〜30代の、本来なら閉経にはまだ早い時期の女性に見られる、卵巣機能低下とそれに伴う諸々の心身の不調こと。

若年性更年期の原因の多くは、生活習慣の乱れやストレスにあります。
不規則な生活や多忙な生活を送っている女性であれば、誰でもなる可能性があるのです。

自分には関係ないと思っている女性でも、油断は禁物です!

自分の体の変化をいち早く発見するためにも、日頃から基礎体温計をつけることをオススメします。

基礎体温計をつけていれば、生理の周期の変化や体のバランスの変化に気づきやすくなりますし、診断材料のひとつになります。

早めの発見ができれば、早めに対処することができます。
生き生きと毎日を送るためには、健康な体は欠かせません。

基礎体温をはかり、日頃から、自分の体に気を配って、健康な日々を送りましょう!